アルバイトとパートの違いは

スポンサードリンク

アルバイトパート違いというと、法律的にはどちらもパートタイム労働法というものでは短時間の労働者になります。
これは労働時間と賃金以外は、正社員と同じ待遇が義務付けられております。パートタイム労働法によりますと、正規の従業員正社員)よりも1週間の労働時間が短い労働者のことを指してパートタイム労働者と呼んでいます。アルバイトとパートの違いについてはキッチリと述べられているわけではないというのが実際あります。アルバイトパートは共に、パートタイム労働者となっています。当然ながら正規の従業員(正社員)と同等の有給休暇各種保険(健康保険・雇用保険・年金保険)育児休暇などの待遇は受けられます

簡単な例でアルバイトとパートの違い

簡単な例でアルバイトとパートの違いを分けますと、アルバイト短期、もちろん中期・長期やフルタイム制などや一時的な繁忙期による労働者アルバイトとしてます。 パートは比較的短い時間で働いてもらったり
するのでアルバイトと比べ給料は安めで、中期か長期かでの契約をしてもらうことが多いようです。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

アルバイト・パートで働く

正社員として働かない場合は、アルバイトで働くにしても、パートで働くにしてもパートタイム労働者ということになりますのでその働く会社での仕事内容勤務時間等をよく
考えに入れて働いてほしいところ
です。